今更聞けない!マーケティングオートメーション、リードナーチャリングって何?

そもそも、マーケティングオートメーションって何?

デジタルマーケティングが最盛をむかえている昨今、如何にITツールを活用することが出来るのかが商品やサービスの購買に大きな影響を与えるといっても過言ではありません。スマートフォンが普及したことで、これまで以上に多くの人が商品やサービスの購入において、デジタル接点を持つ様になり、ITツールの活用が重要さを増してきていると言えます。その様な中で有効なマーケティングツールとして活用されているのが、マーケティングオートメーションです。

マーケティングオートメーションとは、その名の通り、マーケティング活動を部分的に自動化することができるツールであり、これまで手動で行なっていた見込み客のリスト化や施策の効果検証を自動的に行なってくれます。マーケティング活動の効率化が図れるだけでなく、精度の向上にもつながるなど多面的な効果が得られるのです。

リードナーチャリングが重要な理由とは

マーケティングオートメーションで行えることの中でも、マーケティング活動において効果的なのが、リードナーチャリングと呼ばれる見込み客の育成です。顧客の購入プロセスを分析して、それぞれの購買導線上で顧客の購買意欲を向上させる様な施策を検討実施していくというプロセスを指します。直接的に購入につなげるクロージング部分も大事ですが、このリードナーチャリングの部分で、どれだけ多くの見込み客を育成して、クロージングの段階まで持っていくかが非常に重要なのです。多数のリードを持っている企業であれば、ターゲティングの精度を上げて、リードナーチャリングの質を向上させていくことが、デジタルマーケティングを成功させる近道と言えるでしょう。

営業で一番大切な見込み客の見極めが、マーケティングオートメーションによる選別によって、商談がより確実なものとなることが期待されています。