中途の社員が一人だけ!どんな研修の仕方が良い?

担当者をつけて研修をしよう

中途採用を行ってようやく良い人材が手に入ったというときに、どうやって新人研修をしたら良いのだろうかと悩むケースは少なくありません。普段から中途社員を入れている会社の場合には基本的なやり方が決まっていて柔軟に対応できるでしょう。しかし、初めて中途の人材を獲得したケースではどうしたら良いのかがわからずに試行錯誤をすることになりがちです。また、過去に採用したことがあっても、この職種の人は初めてだというときにもやり方が決まらずに困る傾向があります。

この際に最も単純な解決策は担当者を決めて、現場で働く上で必要なことを一通りマンツーマンで教えてしまう方法です。企業理念などの説明から始める必要があるなら上司にまず担当してもらい、実務については現場で働いている社員が行うという形にするのが合理的でしょう。

新卒と同じタイミングで入社させよう

新人向けの大きな研修をたった一人の中途の社員のために行うのはコストパフォーマンスが良くありません。解決策としてもう一つ考えられるのが、新卒が入社するタイミングと同じときに入社してもらう方法です。4月1日または秋入社があるなら10月1日に入社するという形にして、新卒と同じ研修を受けてもらうと手間が少なくなります。若干であれば入社が早くても問題はなく、実務の研修を先に担当者をつけて終わらせてしまった上で全体研修を受けてもらえば大丈夫です。新卒の採用も毎年行っているという場合には採用の際に相談してみると良いでしょう。

社員教育は社内の人員を割かなくても、代行で教育することができます。様々な業種へ対応しているのでビジネスマナー以外の様々な教育を行えます。