筋トレは効率的に行おう!アプリを使えば管理ができる!

行ったトレーニングや体型などの記録

持久系の運動をするとき、毎日継続した方がいいとされます。長距離走であったり試合時間が長いスポーツのトレーニングであれば、毎日のように走れば持久力を維持できます。では筋トレのときはどうかです。毎日行えばその分筋肉を増やせるかですが、実はそうではありません。筋肉を鍛えるとき、負荷を与えて筋肉を壊し、それが修復する時に前よりも大きくなります。壊れてから修復するまでに一定時間が必要なので、毎日行えるようだとあまり意味がないとされます。数日おきに行うのが良くその時には筋トレアプリを活用します。ある日に何を行ったかを記録しておき、体型も一緒に記録しておきます。すると効果が分かります。何をどうすればよいのかを知りながら行えます。

複数のトレーニングを忘れずに行える

道具を必要としないトレーニングに、腕立て伏せや腹筋などがあります。腕を屈伸したり起き上がったりの単純なトレーニングになります。鍛えるには回数などを覚えておく必要がありますが、トレーニング自体は単純なので、頭の中で何をするのか記憶できます。一方本格的に筋トレをしようとすれば、いろいろなトレーニングが必要になります。腕を鍛えるトレーニング、胸筋、腹筋、背筋等いろいろな筋肉を鍛えるためにそれぞれ異なるトレーニングをしなければいけません。筋トレアプリでは、その日に行うべきトレーニングを事前に登録しておけます。ジムなどで器具を使うときにも、その日は何をするのか、次の日は何をするのか、食事はどうするかなどが分かるようになっています。

筋トレのアプリで筋トレをする場合はスケジュールを作成し管理と記録をしっかりと取ることが長く続けられるコツとなっています。