小さな会社こそサーバーを借りてホームページを運営するメリットが大きい

地元の人間からの認知度が上がる可能性

中小企業や零細企業の経営者の中には、「うちみたいな小さな会社がホームページを作ってもあまり意味がない」と考える人も少なくありませんが、小さい会社ほどレンタルサーバーを借りてホームページを運営することにはメリットが多いです。具体的にどのようなメリットがあるのかというと、まず、認知度を高められるということが挙げられます。

インターネット利用者の中には、自宅近所で仕事を依頼できる会社、あるいは勤められる会社を探している人が結構たくさんいます。今までは営業して取引先を開拓する、あるいはハローワークに求人を出すという風に、会社側が手間暇とお金をかけて能動的にそういった人を求めていたわけですが、ホームページを作っておけば、向こうから勝手に探してきてアプローチしてくれるのです。

取引先を増やせるかもしれない

取引先を全国、もしくは世界に広げられるかもしれないというのもメリットの一つです。有名な話として、ある世界的に有名なスポーツ大会に関連して、日本の小さな企業に対し、ロンドンからメールで問い合わせがあり、最終的に取引に発展したということがありました。もし、その会社がホームページを作って自社製品をアピールしてなければ、当然、ロンドンに住んでいる人に見つけられることはなかったでしょう。

レンタルサーバー上でネットショップを構築すれば、自社の商品をネットで販売することも可能になります。ネットショップは販路拡大の手段としてかなり手軽であり、人件費があまりかからないのでコストパフォーマンスも高いです。

レンタルサーバーはアクセス数によって選ぶ業者が異なります。安い費用のところでは、集中的にアクセスされるとパンクしてしまいます。