プライバシー情報が流出してしまったらどんなことが起こるの?

情報流出はいろいろなところ、パターンで起こる

オンラインショップなどのネットサービス、実店舗、あるいはテレビ局などから個人情報の流出が相次いでいます。ネットサービスの場合、ウェブサイトの脆弱性をついてクラッカーがサーバーに侵入し、個人情報データを勝手にダウンロードするということで流出してしまうことが多いです。また、実店舗からは、退職して独立した社員が営業を行うために勝手に顧客データを持ち出す、あるいは顧客データが入ったパソコンを外出先で紛失してしまうといったケースで流出が起こります。

勧誘の増加やカード情報を悪用される恐れ

では、プライバシー情報が流出してしまった場合、どのようなことが起こりえるのでしょうか。まず第一に勧誘の増加が挙げられます。たとえば、オンラインショップから情報が流出してしまった場合、そこには顧客の住所、氏名、そして実際に購入したものなどが記録されています。どこの誰が、なにを買ったのかということがわかれば、趣味嗜好を把握することができるので、その趣味嗜好に合わせた勧誘が相次ぐようになるというわけです。

クレジットカード情報が流出してしまった場合は、当然、不正利用される可能性が高くなります。クレジットカードは、カード番号や名義人がわかれば、カード自体がなくてもネットショップで商品を買うことができるからです。

そして、名簿業者が販売する名簿に半永久的に記録される恐れもあります。基本的に名簿は様々な名簿業者に転売されていくので、一つの名簿業者に情報削除の依頼をしても、完全に情報を消すのは難しいです。

現代の日本とは、様々な書類から個人情報が漏れやすい時代です。そのため、ゴミを捨てる時は個人情報入りの書類をまずシュレッダーにかけることが自己防衛につながります。