見やすいホームページを作るためのポイントはどこ?

閲覧者が読みやすいデザインにする

日記代わりにホームページを作っていて、他人に見られることを前提にしていない、自分が後で読み返せればそれでいいという人もいますが、基本的には、ホームページは他人に見てもらうものです。そのため、訪問者にとって見やすいデザインにすることが重要です。かわいい感じが好きだからといった理由で、キャラクターの画像を背景にしてその上に文章を表示してしまうと、画像と文字が重なって読みにくくなってしまいますし、フォントを極端に小さくすると視力の低い人はまったく読めなくなってしまいます。

フォントサイズの重要性と設定

では、人が見やすいホームページを作るためにはどういった点に気を配ればいいのでしょうか。一番のポイントはフォントサイズです。ホームページを作る際、フォントの大きさは作成者が指定することができますが、明確にサイズを指定するのではなく、相対指定にした方が閲覧者にとっては見やすくなります。具体的にいうと、フォントのサイズ指定は、「px」という単位をつけて絶対値を決めるか、あるいは「%」や「rem」という単位をつけて相対値を決めるかのどちらかです。

絶対値を指定した場合、どのような環境で見ても同じ大きさで文字が表示されます。そのため、ホームページ作成者の環境ではちょうどいいサイズで文字が表示されても、ほかの閲覧者の環境では小さすぎて読みづらいといったことが起こりえるのです。

一方、フォントサイズを相対指定した場合、環境によって文字の大きさが可変します。そのため、どのようなモニターでもバランスよく文字を表示させることが可能になるのです。

ホームページ制作は初めての方でも簡単に作ることができます。無料のソフトやテンプレートを使えば見栄えの良いホームページが作れます。