今更聞けない!マーケティングオートメーション、リードナーチャリングって何?

そもそも、マーケティングオートメーションって何?

デジタルマーケティングが最盛をむかえている昨今、如何にITツールを活用することが出来るのかが商品やサービスの購買に大きな影響を与えるといっても過言ではありません。スマートフォンが普及したことで、これまで以上に多くの人が商品やサービスの購入において、デジタル接点を持つ様になり、ITツールの活用が重要さを増してきていると言えます。その様な中で有効なマーケティングツールとして活用されているのが、マーケティングオートメーションです。

マーケティングオートメーションとは、その名の通り、マーケティング活動を部分的に自動化することができるツールであり、これまで手動で行なっていた見込み客のリスト化や施策の効果検証を自動的に行なってくれます。マーケティング活動の効率化が図れるだけでなく、精度の向上にもつながるなど多面的な効果が得られるのです。

リードナーチャリングが重要な理由とは

マーケティングオートメーションで行えることの中でも、マーケティング活動において効果的なのが、リードナーチャリングと呼ばれる見込み客の育成です。顧客の購入プロセスを分析して、それぞれの購買導線上で顧客の購買意欲を向上させる様な施策を検討実施していくというプロセスを指します。直接的に購入につなげるクロージング部分も大事ですが、このリードナーチャリングの部分で、どれだけ多くの見込み客を育成して、クロージングの段階まで持っていくかが非常に重要なのです。多数のリードを持っている企業であれば、ターゲティングの精度を上げて、リードナーチャリングの質を向上させていくことが、デジタルマーケティングを成功させる近道と言えるでしょう。

営業で一番大切な見込み客の見極めが、マーケティングオートメーションによる選別によって、商談がより確実なものとなることが期待されています。

画像をアイキャッチとして使うことで人目を引くサイトにする

画像をトップページに並べてクリック率を上げる

近年、トップページにアイキャッチと呼ばれる画像をタイル上に敷き詰めているブログデザインが増えています。一つの記事に対して一つのアイキャッチ画像が割り当てられているので、単に記事のタイトルを並べるよりも目を引きやすく、クリック率が向上すると考える人が多いからです。

では、画像を敷き詰めたブログデザインを作成する場合の注意点としてどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、サーバー転送量が増える可能性が高いです。国内のレンタルサーバーはファイルの転送量が多くても別料金を請求することは少ないため、サイト制作者にはあまり影響はありませんが、閲覧者は多少困るかもしれません。スマホは基本的に高速回線の上限が決まっているからです。したがって、画像サイズはできるだけ小さくしましょう。

フリー素材ではなく自分で撮影した画像を使おう

アイキャッチ画像の種類にも気をつける必要があります。たとえば、どのような内容の記事であっても、スーツを着た人間同士が握手する画像ばかり表示されたらどうでしょうか。握手の画像でトップページが埋まってしまうことになり、初めて訪れた人からするとなんのページなのかまったくわからないし、圧迫感を抱いてすぐ別のサイトに移動してしまうかもしれません。そうならないように、記事の内容に応じて適切な画像を選ぶことが大切です。同じテーマの記事であっても同じ画像を選ぶことなく、多様性を高めるようにしましょう。ネットで配布されているフリー画像ではなく、自分で撮影した画像を使うとオリジナリティを高められます。

レスポンシブデザインはPCとスマホ等、利用するデバイスに寄らないホームページの表示設計手法です。PCのディスプレイでは大きく、スマホの画面では小さく、ホームページの表示を自動で切り替えて最適に表示します。

そのポスターちゃんと見てもらえる?注目されるポスターのデザインとは?

そもそもポスターの目的とは?

ポスターの目的の一つ目は、情報を正確に伝えることです。情報を誇張してポスターに記載すれば、ポスターを見る側からすると押し売りのように感じてしまったり、本当にこのような商品があるのかと疑ってしまいます。また、小さな文字でたくさんの情報を描くことも遠くから見ていると何を伝えたいのか分からず、あまり見てもらえないポスターとなってしまいます。ポスターの目的の二つ目は、できる限り良い印象を与えることです。古風な街にポップでカラフルなポスターを飾ってしまうとそのポスターだけ浮いてしまい、見ている側は違和感を覚えてしまいます。見ている人の中には古風な町の雰囲気を壊していると感じ、近寄りたくないと感じてしまう方もいます。

注目を集めるポスターを作るには?

注目を集めるポスターを作るには、一番伝えたい内容を大きな文字で正確に見やすく書くことと、ポスターを張る場所を考えて製作することです。一番伝えたい内容に絞ってポスターに大きく正確に書くことで、見ている側がどのようなことをしている場所なのか、何のサービスをしているのかなどが一目で分かります。また、大きく書くことで見ている側の印象に残りやすくなります。ただ、ポスターのイメージを壊さない程度に大きく書くように注意をしましょう。また、ポスターを張る場所を考えて製作する事で、無駄に目立ってしまったり、ほかのポスターから見て浮いてしまう事もなく、しっかりと宣伝のできるポスターを作ることができます。

コピー機はコンビニだけじゃなく、今やあちらこちらのスーパーにあります。しかも安い!格安コピー印刷は、1枚5円から印刷できるんです。白黒印刷はもちろん、カラー印刷も、写真印刷まで、きれいに印刷できます。

検索サイト経由での閲覧者を逃がさないためのページ作り

表示が遅いとほかのページへ行ってしまう

検索サイトを通じてホームページにアクセスする人は、リンクをクリックして三秒以上経ってもページが表示されない場合、閲覧をやめてほかのページに行ってしまうことが多いといわれています。特定のページを見たいと思ってアクセスする人の場合、表示が遅くてもある程度我慢できますが、検索サイト経由の場合、リンク先のページに期待感をあまり抱いていないため、諦めが早くなってしまうわけです。

リッチコンテンツのためのスクリプト多用を避ける

検索サイトのリンクをクリック後、三秒以内にページを表示させるためにはやはり軽さを意識した作り方をしなければなりません。具体的にはどういったページの作り方をすればいいのかというと、まず重いスクリプトの多用は避けるべきでしょう。近年、閲覧者の気を引くために表現力を意識したページの作り方が流行っていますが、閲覧者からすればページのトップに自動スクロールして戻るボタンなどなくてもコンテンツが表示されればそれでいいわけです。

静的サイトジェネレーターを取り入れる

データベースを使わないというのもページの表示速度を速めるのに有効です。ブログやCMSではデータベースを使うのが当たり前になっていますが、HTMLとCSSだけの静的ページと比べるとアクセスされるたびにページを生成する分、どうしても表示が遅れてしまいがちです。

Javaスクリプトを用いた静的サイトジェネレーターを使うと、ブログにあるような機能を取り入れながら静的サイトと同等の表示速度を実現できるので、こういったツールを使うのも一つの手でしょう。

ホームページ作成をするなら業者へ制作代行を依頼しましょう。希望を伝えれば完成までの製作日数などを教えてもらえるので便利です。

住まいの明かりにLEDを!特徴を学んで上手に使いこなそう!

LEDはメリットが多いが特有の欠点もある

LEDは従来の照明機器と比べると明度が高く、光が拡散しにくい特徴があります。そのため、周りが明るくてもそれ以上に光り輝くことが多く、屋外で使用してもよく目立ちます。また、電力消費量が少ないので維持コストを低く抑えることができる他、LEDそのものの耐用年数も長いので交換の手間がほとんどかからないのも住宅照明に適している特徴です。LEDはメリットが多いので現在では広く普及していますが、その一方で頻繁にスイッチを切り替える環境には弱い欠点もあります。LEDは長時間の通電を前提にした構造になっているので、スイッチを切り替える回数が多いと品質が低下してしまうのです。そのため、住宅においてはトイレや洗面所といった、短時間の使用にとどまる部屋には適していません。

住宅用のLEDは販売価格で品質が大きく異なる

LEDは電気代がかからないうえに長持ちするイメージがあります。工業用のLED照明機器はイメージ通りの品質ですが、住宅用に作られた安価な製品はその限りではありません。本来のLEDは遠くの物を明るく照らすために使われる照明機器なので、広い範囲を照らすには不向きです。住宅のリビングのような場所を照らすには旧式の照明である電球や蛍光灯の方が優れていますが、維持コストが高い欠点があったことからLEDに取って代わられました。住宅用のLEDは光が拡散しやすいように作られているので蛍光灯並みの使い勝手の良さがありますが、その反面、LEDならではの明度の高さがやや損なわれているので注意する必要があります。特に激安品のLEDは明度が低いだけではなく電気代もかかる粗悪品が混在しているので避けるのが無難です。

店頭のPOPは以前は手書きのイーゼル等が主流でしたが、最近はledパネルを使用しているお店が増えています。購入ではなくレンタルなどのサービスもあります。