中途の社員が一人だけ!どんな研修の仕方が良い?

担当者をつけて研修をしよう

中途採用を行ってようやく良い人材が手に入ったというときに、どうやって新人研修をしたら良いのだろうかと悩むケースは少なくありません。普段から中途社員を入れている会社の場合には基本的なやり方が決まっていて柔軟に対応できるでしょう。しかし、初めて中途の人材を獲得したケースではどうしたら良いのかがわからずに試行錯誤をすることになりがちです。また、過去に採用したことがあっても、この職種の人は初めてだというときにもやり方が決まらずに困る傾向があります。

この際に最も単純な解決策は担当者を決めて、現場で働く上で必要なことを一通りマンツーマンで教えてしまう方法です。企業理念などの説明から始める必要があるなら上司にまず担当してもらい、実務については現場で働いている社員が行うという形にするのが合理的でしょう。

新卒と同じタイミングで入社させよう

新人向けの大きな研修をたった一人の中途の社員のために行うのはコストパフォーマンスが良くありません。解決策としてもう一つ考えられるのが、新卒が入社するタイミングと同じときに入社してもらう方法です。4月1日または秋入社があるなら10月1日に入社するという形にして、新卒と同じ研修を受けてもらうと手間が少なくなります。若干であれば入社が早くても問題はなく、実務の研修を先に担当者をつけて終わらせてしまった上で全体研修を受けてもらえば大丈夫です。新卒の採用も毎年行っているという場合には採用の際に相談してみると良いでしょう。

社員教育は社内の人員を割かなくても、代行で教育することができます。様々な業種へ対応しているのでビジネスマナー以外の様々な教育を行えます。

iphoneを修理するなら、どこがいい?慎重に選ぼう修理店!

iphone修理を正規店にお願いした場合

「iphoneが壊れてしまった」そんな時、どこの修理店に依頼するから悩ましいですね。そんなときは大きく分けて、正規店か非正規店で修理を依頼することになるでしょう。もちろん、正規店と非正規店では修理に掛かるお金も時間も違います。正規店に依頼した場合、保証サービスに入っていた場合は非正規店より修理価格は大抵安く済みます。また、部品も純正品と交換してもらえますし、もしもそれに問題があった場合もすぐに取り換えてもらえます。そこまではメリットですが、デメリットもあります。デメリットは保証サービスに入っていなければ、非正規店よりも高くなりますし、一度修理に出す場合、代替機を渡されることもあるとはいえ、一週間程度は戻ってこない可能性があります。正規店に修理を依頼するのであれば、そこも頭に入れておくと良いでしょう。

iphone修理を非正規店にお願いした場合

では逆に非正規店を選んだ場合はどうなのでしょうか。非正規店の場合、保証サービスに入っている場合の正規店よりは値段が高いことが多いですが、逆に言えば、保証サービスに入っていない状態で正規店に依頼するよりは安くなります。また、修理内容によっては2時間から3時間で終わってしまう場合があるのも嬉しい点です。しかし、非正規店で修理した場合、正規店で修理を受けられなくなりますし、保証もされなくなってしまいます。もうすでに古い機種で保証などがなかったり、機種変更する予定が近いといった場合であれば非正規店で修理をお願いすると良いでしょう。

iphoneのバッテリーの交換の際、しっかり確認しておきたいことと言えば、初期化の有無です。バックアップもせず、初期化されてしまってはデータが飛んでしまいますから、事前に確認することが欠かせません。

ECサイトを作るにはどうしたらいい?ECサイト構築の方式と特徴

費用をおさえたいならASPかオープンソースを使おう

ECサイトを作るにあたっては4つの方式がありますが、ASPではパソコン上にインストールせずにブラウザで使えるというメリットがあります。月額でサービスレンタルする形が多くなっているようですね。ASPで構築すればソフトウェアやサーバーの管理が必要がないため、ブラウザ上でサイトの管理や運用がとても楽になるでしょう。ただサービスが停止してしまうと使えなくなるというデメリットがあります。

オープンソースはデザインやカスタマイズを自由に行え、ライセンス費用がかからないため無償でサイトの改変を行えます。パッケージを誰でも利用できますが、ソフトウェアを提供している会社と契約しているわけではないため、オープンソースでトラブルが発生しても責任を問えません。自社に専門の技術者がいればすぐに始められますが、サーバーを自社で調達する必要がありコストが高くなることもあります。

技術力と費用が必要なパッケージとフルスクラッチ方式

パッケージ方式ではもともとフレームワークがある程度作られているため、ECサイトのカスタマイズや大規模なサイト構築が必要な企業がよく使用しているようです。必要な機能が付いているパッケージソフトをカスタマイズするので、コストと手間をおさえながらECサイトを構築できます。サーバーやインフラは自社で整備しなけらばならず、バージョンアップするには費用がかかります。

フルスクラッチで構築する場合、パッケージなどを一切利用せず最初からECサイトの構築を行うことになります。どんな仕様変更にも対応でき既存のシステムも使えますが、膨大な費用と手間がかかってしまうでしょう。大規模なECサイトが必要で自社に技術力があればよいのですが、サーバーやインフラの設計も別に用意が必要です。

今やメーカーから小売業者まで通販は大きな販売チャネルです。通販の売上をアップさせるには、ノウハウが詰まった通販システムのパッケージ導入が効果的です。

初めてでも簡単!オリジナルポスターを作ってみよう

オリジナルポスターを作るならネットショップが便利

イベントやライブなどでは、オリジナルポスターがある方が断然盛り上がります。オリジナルポスターが必要になった場合、よく利用されるのがネットの印刷専門ショップです。これらの多くは、激安なのに高品質な仕上がり、そして納期も短いというありがたい三拍子が揃っています。やり取りはすべてWEB上なので、いつでもどこでもパソコンやスマートフォンで作ることができます。

ポスターデザインに自信が無いという場合でもOK!

ポスターにデザインはつきものですが、デザインのプロでもない人が、いきなりポスターの構図や配色、文言を考えるというのは厳しいものがありますよね。ポスターはお金をかけて作るものですし、人に見られるもの。自信が無いときはデザイン依頼ができるショップを選ぶといいですよ。オプションという形でポスターのデザインを考えてくれるショップはたくさんあります。格安で対応してくれるところがほとんどなので、下手な仕上がりにならないためにもお願いしてみるといいでしょう。

思い通りの仕上がりに!デザイン依頼で用意するもの

デザインをお願いする際は、ラフ画や写真データ、テキストデータなどを用意しましょう。何の素材も渡さない場合は完全お任せという形になります。素材を何一つ提供せずにお願いすると、思っていたものとまったく違う仕上がりになることもあります。印刷前に「これでいいですか?」とショップ側から確認されても、この段階では「全然気に入りません、全部やり直してください」とは言いにくいですよね。それを防ぐためにも、デザインに組み込んでほしい素材を渡す必要があります。EメールやFAX、郵送などで送り、こちら側のイメージをしっかり伝えることが大切です。

激安コピー印刷は使用する用紙やトナーの品質を落とし、少部数の印刷に留めることで低価格化を可能にしています。使い捨ての資料やチラシの作成に適している反面、長期保管には不向きなので注意が必要です。