チームワークが不可欠!ウェブ制作の現場とは?

多数の専門家が集う現場

ウェブ制作を行う現場には多数の専門家が集っています。ウェブはいわばIT系の総合芸術の一つであり、たった一人の専門家によって秀逸なものを仕上げることは困難です。ウェブそのものの機能を発揮させるためにはエンジニアやプログラマーが必須ですが、HTMLを作り上げるにはコーダーも活躍します。しかし、いかにウェブプログラムが秀逸な形で作り上げられていたとしても、それをユーザーにわかりやすくするためには洗練されたデザインが必要です。ウェブ制作の現場ではウェブデザイナーやイラストレーター、CGクリエイターなどのデザイン関係の専門家が大勢活躍しています。そして、それを統率しつつ監督を行うディレクターもいてチームワークがなければ何もできない現場になっているのが一般的です。

互いの専門性の理解が必須

ウェブ制作を円滑に進められるようにするために肝心なのが専門家同士の互いの理解です。どのような職能を持っていて、自分よりも何が優れているのかを互いに正しく理解することがウェブ制作のスピードを上げることにつながります。適材適所で制作を行うのは基本であり、自分よりも優れた仕事を速やかに行ってくれる人がいるのなら仕事を渡すのが大切です。それを的確に行える専門家が集っている現場では秀逸なウェブを作り上げることができます。互いに興味を持って理解し合える環境ができている企業にウェブ制作を依頼するのが、ウェブを必要としている一般企業としては重要になるでしょう。

コーディングとは、人間が書いた言語をコンピュータが処理をしやすい様にコードを変換していく作業のことです。

スマホを購入する際は故障時を想定することが大事

スマホは様々な原因で故障する

色々なスマホが発売されているため、選択肢が多いので消費者にとっては良い状況です。また、携帯電話会社の数も年々増加傾向にあるので、スマホの機種以外でも選択できることが多くなっています。ただ、スマホを使用する場合は故障に注意することが大事です。様々な原因で故障してしまうので、できるだけ丁寧に扱う意識を持つべきです。たとえば、水分や衝撃が故障の主な原因となっています。雨や飲み物、お湯など色々な水分がスマホを故障させています。防水加工を施しているスマホが増えているので水分で故障するスマホの台数は減っていますが、まだ完璧というわけではありません。また、スマホを落としたり、踏んだりした際の衝撃で液晶が破損することも故障で多い原因です。

水分や衝撃からスマホを守るための方法

スマホが故障した場合は修理に出すことで以前までと同じように使用できます。しかし、故障の度合いが大きければ修理が難しく、買い替えをしなければならない場合があります。故障時に無料で修理が可能なオプションに加入していれば良いですが、加入していなければ高額な修理費用を負担するケースも考えられます。そのため、スマホは故障させないことをまずは第一に考えて使用すべきです。まず、防水加工だったとしても極力水分から遠ざける意識を持ちましょう。小雨程度であれば問題無く使用できる機種は多いですが、負担がないわけではないので雨に当たらない場所に移動してからの使用を推奨します。また、スマホを落とさないためにはゴム製のカバーはおすすめですし、踏まないためには高い位置に置くことが大切です。

スマホ修理をすれば、便利な毎日を取り戻せます。文明の力に慣れてしまった現代人にとって、スマホがない生活は不便です。早さと安さがキーポイントです。

小さな会社こそサーバーを借りてホームページを運営するメリットが大きい

地元の人間からの認知度が上がる可能性

中小企業や零細企業の経営者の中には、「うちみたいな小さな会社がホームページを作ってもあまり意味がない」と考える人も少なくありませんが、小さい会社ほどレンタルサーバーを借りてホームページを運営することにはメリットが多いです。具体的にどのようなメリットがあるのかというと、まず、認知度を高められるということが挙げられます。

インターネット利用者の中には、自宅近所で仕事を依頼できる会社、あるいは勤められる会社を探している人が結構たくさんいます。今までは営業して取引先を開拓する、あるいはハローワークに求人を出すという風に、会社側が手間暇とお金をかけて能動的にそういった人を求めていたわけですが、ホームページを作っておけば、向こうから勝手に探してきてアプローチしてくれるのです。

取引先を増やせるかもしれない

取引先を全国、もしくは世界に広げられるかもしれないというのもメリットの一つです。有名な話として、ある世界的に有名なスポーツ大会に関連して、日本の小さな企業に対し、ロンドンからメールで問い合わせがあり、最終的に取引に発展したということがありました。もし、その会社がホームページを作って自社製品をアピールしてなければ、当然、ロンドンに住んでいる人に見つけられることはなかったでしょう。

レンタルサーバー上でネットショップを構築すれば、自社の商品をネットで販売することも可能になります。ネットショップは販路拡大の手段としてかなり手軽であり、人件費があまりかからないのでコストパフォーマンスも高いです。

レンタルサーバーはアクセス数によって選ぶ業者が異なります。安い費用のところでは、集中的にアクセスされるとパンクしてしまいます。

プライバシー情報が流出してしまったらどんなことが起こるの?

情報流出はいろいろなところ、パターンで起こる

オンラインショップなどのネットサービス、実店舗、あるいはテレビ局などから個人情報の流出が相次いでいます。ネットサービスの場合、ウェブサイトの脆弱性をついてクラッカーがサーバーに侵入し、個人情報データを勝手にダウンロードするということで流出してしまうことが多いです。また、実店舗からは、退職して独立した社員が営業を行うために勝手に顧客データを持ち出す、あるいは顧客データが入ったパソコンを外出先で紛失してしまうといったケースで流出が起こります。

勧誘の増加やカード情報を悪用される恐れ

では、プライバシー情報が流出してしまった場合、どのようなことが起こりえるのでしょうか。まず第一に勧誘の増加が挙げられます。たとえば、オンラインショップから情報が流出してしまった場合、そこには顧客の住所、氏名、そして実際に購入したものなどが記録されています。どこの誰が、なにを買ったのかということがわかれば、趣味嗜好を把握することができるので、その趣味嗜好に合わせた勧誘が相次ぐようになるというわけです。

クレジットカード情報が流出してしまった場合は、当然、不正利用される可能性が高くなります。クレジットカードは、カード番号や名義人がわかれば、カード自体がなくてもネットショップで商品を買うことができるからです。

そして、名簿業者が販売する名簿に半永久的に記録される恐れもあります。基本的に名簿は様々な名簿業者に転売されていくので、一つの名簿業者に情報削除の依頼をしても、完全に情報を消すのは難しいです。

現代の日本とは、様々な書類から個人情報が漏れやすい時代です。そのため、ゴミを捨てる時は個人情報入りの書類をまずシュレッダーにかけることが自己防衛につながります。

見やすいホームページを作るためのポイントはどこ?

閲覧者が読みやすいデザインにする

日記代わりにホームページを作っていて、他人に見られることを前提にしていない、自分が後で読み返せればそれでいいという人もいますが、基本的には、ホームページは他人に見てもらうものです。そのため、訪問者にとって見やすいデザインにすることが重要です。かわいい感じが好きだからといった理由で、キャラクターの画像を背景にしてその上に文章を表示してしまうと、画像と文字が重なって読みにくくなってしまいますし、フォントを極端に小さくすると視力の低い人はまったく読めなくなってしまいます。

フォントサイズの重要性と設定

では、人が見やすいホームページを作るためにはどういった点に気を配ればいいのでしょうか。一番のポイントはフォントサイズです。ホームページを作る際、フォントの大きさは作成者が指定することができますが、明確にサイズを指定するのではなく、相対指定にした方が閲覧者にとっては見やすくなります。具体的にいうと、フォントのサイズ指定は、「px」という単位をつけて絶対値を決めるか、あるいは「%」や「rem」という単位をつけて相対値を決めるかのどちらかです。

絶対値を指定した場合、どのような環境で見ても同じ大きさで文字が表示されます。そのため、ホームページ作成者の環境ではちょうどいいサイズで文字が表示されても、ほかの閲覧者の環境では小さすぎて読みづらいといったことが起こりえるのです。

一方、フォントサイズを相対指定した場合、環境によって文字の大きさが可変します。そのため、どのようなモニターでもバランスよく文字を表示させることが可能になるのです。

ホームページ制作は初めての方でも簡単に作ることができます。無料のソフトやテンプレートを使えば見栄えの良いホームページが作れます。